HOME > Rhythmic Gymnastics > 08- RG AEON-CUP イオンカップ / 新体操

妖精たちの舞

イオンカップ
世界新体操クラブ選手権
大会 2008

2008.10.10~12 東京・東京体育館


 北京オリンピックで新女王が誕生した。
ロシアのエフゲニヤ・カナエワである。

 カナエワはジュニア選手としてイオンカップに参加経験がある。いずれも優勝を飾り、日本では大変なじみがあると共に、その能力はジュニア時代から大変期待を集めていた。当時のスターは、同じロシアのアリーナ・カバエバ。アテネオリンピック女王となったカバエバと共に、ジュニア選手だったカナエワはイオンカップに参加、溌剌とした演技をみせていた。

 ジュニアを卒業したカナエワは昨年までは同国のカプラノワ (2005年世界選手権優勝) やセシナ (2007年世界選手権2位) といった選手に隠れ、控えに甘んじていた。スター選手の多いロシア新体操界の層の厚さは大変なものがある。しかしながら今年に入り一気にその才能を開花させ、ジュニアからシニア選手へと見事に成長を遂げたのだ。

08-aeon-017.jpg優勝した エフゲニヤ・カナエワ (ロシア)

 北京オリンピックでは、その圧倒的な正確性と完成度は他者を寄せつけず、18才でオリンピック金メダルを手にした。18才という年齢からも、それはカナエワ時代の到来を予感させている。

 カナエワにとっては、シニアとして臨む初めてのイオンカップ。序盤に落としていた調子は最終日には完璧な仕上がりを見せ、新女王としての貫録を感じさせる演技を見せた。

 アンナ・ベッソノワ(ウクライナ)は昨年の世界選手権で悲願の優勝を飾ったが、北京オリンピックでは銅メダルに終わった。今年で24才を迎え、その去就が注目される中での来日。引退の明言は避けたものの、来年以降の選手生活についてはまだ未定と答えた。今大会が最後の来日となってしまうなら、日本のファンにとって大変さびしいことだ。

08-aeon-033-2.jpgアンナ・ベッソノワ

 オリンピックでの舞を再現した二人。
 軍配は新女王のカナエワに上がったが、最後まで美しい演技は、観客を魅了し続けた。

<Text/Photo Miwa MORI>

08-aeon-058.jpgKANAEVA Evgenia RUS 1st08-aeon-008.jpgKANAEVA Evgenia RUS 1st08-aeon-042.jpgKANAEVA Evgenia RUS 1st08-aeon-011.jpgA.ソフロエバ RUS08-aeon-037.jpgD.ドミトリエバ RUS
08-aeon-004.jpgアンナ・ベッソノワ UKR 2nd08-aeon-025.jpgアンナ・ベッソノワ UKR 2nd08-aeon-059.jpgナタリア・ゴデュンコ UKR 3rd08-aeon-056.jpgナタリア・ゴデュンコ UKR 3rd08-aeon-015.jpgV.マッツォー UKR
08-aeon-045.jpgA.ガラエバ (AZE)08-aeon-023.jpgA.ガラエバ (AZE)08-aeon-007.jpgZ.ジャバドリ (AZE)08-aeon-010.jpgZ.ジャバドリ (AZE)08-aeon-063.jpgC.ウェーバー (AUT)
08-aeon-021.jpgM.スタニウタ (BLR)08-aeon-014.jpgM.スタニウタ (BLR)08-aeon-012.jpgL.チェルカシナ (BLR)08-aeon-036.jpgH.ラフツァワ (BLR)08-aeon-092.jpgT.ツェコワ (BUL)
08-aeon-064.jpgN.リフキン (ISR)08-aeon-076.jpgD.アディフ (ISR)08-aeon-078.jpgD.アディフ (ISR)08-aeon-099.jpgM.ミンシェワ (BUL)08-aeon-097.jpgM.ミンシェワ (BUL)
08-aeon-066.jpg井上 実美08-aeon-069.jpg穴久保 璃子08-aeon-071.jpg高橋 麻里子08-aeon-070.jpg宮本 枝実08-aeon-086.jpgY.ロモス (NOR)